戻る
こどもおぢばがえり直属団・隊の活動教区団・支部の活動少年ひのきしん隊の活動鼓笛活動野外活動海外の活動
トップページ 天理教少年会とは 活動方針・年間行事 活動 育成活動 さんさいの里 教材
直属団・隊の活動

 本教で最も重要なおつとめの修得は、少年会活動においても、教会おとまり会や月例の隊活動の中心となっています。
 おとめまなびを伴う「総会」は、昭和57年よりその実施が強く呼びかけられ、各隊におけるおてふりや、鳴物の練習の成果を団において、一手一つの姿で親神様、教祖にご覧いただこうと、実施されています。
 多くは春・夏の休みを利用して、おつとめ着に服装を改め、献せん、祭儀式に始まり、座りづとめから十二下り目まで、少年会員が交替でつとめます。
 おつとめまなびが終わると、少年会長様御告辞、団育成会長の祝辞、会員のちかいなどの式典行事があり、引き続き、それぞれの団が工夫した楽しいプログラムが用意されています。近年では、教区や支部、隊での実施も活発になっています。

■教会長子弟練成会
教会長子弟が、教会やその他の会場で寝食を共にし、子弟同士の交流を深めながらお道のすばらしさ、教会で育つことのありがたさを体感し、教会長子弟としての自覚を高めます。

■各種練成会
(隊長練成会・わかぎ練成会、野外練成会など)
同じ年齢層や立場の少年会員が集まり、合宿生活の中で、様々なプログラムを通して、道の子としての喜びを味わいます。

 教会における少年会の活動を、隊活動と言います。隊活動とは、育成会員の活動と少年会員の活動とがあります。
 隊活動の推進の中心は育成会長(教会長)であり、隊育成委員長が、会長の手足として実務を担当します。また、育成委員・育成係が、会員とのパイプ役として活動の推進にあたります。
お話し 隊活動によって、少年会員と教会長、教会につながる人々との結びつきが深められ、教会の活動の場とした生涯にわたる友達づくりがすすめられます。さらに、集団で活動することにより、家庭では得られない育成の効果があるばかりでなく、ひいては教会内容の充実につながるのです。
 隊における活動のあり方は、少年会員の「ちかい」に基づき、「天理教少年会員成人目標」が実行できるようプログラムを組み、展開し、積み重ね、継続していくことです。
 それぞれの教会にふさわしい活動行事を推し進める中で、教会おとまり会、親子参拝、おやさまごたんじょうまつりの実施、「こどもおぢばがえり」への参加は隊活動の大きな柱です。
 これらの活動行事に参加した会員を常時育成するために、週単位、月単位の活動を続けていくことが望まれます。

くわしく

■教会おとまり会
隊につながる少年会員が教会長・教会家族と寝食を共にし、教会生活の体験を通して教会との結びつきを深め、教会の一員としての自覚を高めます。

■親子参拝
親が子を伴って教会に参拝し、親の信仰の喜びを子供たちに映します。

■おやさまごたんじょうまつり
ご存命の教祖のご誕生をお祝いする行事です。教祖は、お姿は見えませんが、ご存命でお働きくだされていることを知り、お礼申し上げます。

copyright © 2006 Tenrikyo Boys And Girls Association, All Right Reserved